2011年05月30日

ココロの詩

だれもしらない

ひだまりに

ひそかにさいた

チミの名まえは

しらないが

ほんのりかおる

ふるさとの

母のにおいをおもいだす

ぼくの心の片すみに

いつまでも

さいていて

おくれのココロ・・・

(作・ココロのボス)

こんなんが漫画に載っていました。

僕の好きな

ココロのボス。

うつくしい詩を書いてくれて

ありがとう。

赤塚不二夫大全集第126巻

posted by アカフジ at 19:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

梅雨のアカツカ漫画

もうすぐで6月ですね。

6月といえば梅雨。

そこで、梅雨の赤塚不二夫大先生の漫画の話を紹介したいと思います。

それは、のらガキのエピソードです。

そもそものらガキとは、猫に育てられた少年、のらガキによる、あついあつい人情の漫画です。

そこで話の内容とは、つゆで、パンにカビが生えました。

そのカビから出てきたカビ少年とのらガキの感動いい話です。

その回の題名は忘れましたが、思い出したら書きます。
posted by アカフジ at 19:51| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

アクセス数

みなさま、わざわざ検索してアクセス来てくれたり、書き込みしてくれてありがとうございます。

このブログのことがテレビで放映されたのが5月19日の23:54頃だったのですが、その後日付が変わるまでの6分間で何と618人のアクセスがありました。

目標の100人を達成することができてうれしいです。みなさん本当にありがとうございました。

コメントもたくさん書き込んでもらったので、ここでまとめてお返事します。


>たかあきさん 他
監督の写真はブログに載せないで下さいと言われたのでモザイクをかけました。

>ショウさん 他
応援ありがとうございます。ガンバリます。

>たんたんさん 他
赤塚漫画は大変面白いのでぜひ読んでみてください。

>赤塚りえ子さん
すごい人から書き込みもらって感激です。これからもガンバリます。

>さつきさん
「討ち入りには、ご用心ザンス!」の話、僕も好きです。Twitterでの紹介ありがとうございました。
posted by アカフジ at 21:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

しびれのスカタン

スカタンという火星人がいます。

このスカタンは、毎回ゲソというガキ大将とその子分たちと戦っています。

火星人のくせに、ちょい大阪弁を使います。

スカタンの家族は、すごいスカタンに似ています。

なんと、犬もスカタンみたいな顔してます。

たしか火星人はみんな、そんな顔だったかも。

posted by アカフジ at 20:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

熱中スタジアム 赤塚不二夫ナイトの放送日

すべてBSプレミアムです。
【前編】
2011年5月12日(木) 深夜23:30〜0:14
2011年5月18日(水) 18:00〜18:44 [再放送]

【後編】
2011年5月19日(木) 深夜23:30〜0:14
2011年5月25日(水) 18:00〜18:44 [再放送]
上記が、番組放送の日程です。

放送は、なんと明日です。

楽しみ、ドキドキだな〜
収録の様子.JPG
先生の遺品の帽子.JPG
なんか、写真のせてみました。
posted by アカフジ at 19:38| Comment(62) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

最近の赤塚漫画

なんか最近「これでいのだ」という赤塚不二夫先生の映画が公開されたのは知ってますよね。

このブログを何日か前から見ている人は知っていると思うんだ。

それに合わせて、徳間書店から、赤塚不二夫先生のコンビニコミックが売られているんだ。

それで僕は「泣けるアカツカ」という本を近くのコンビニで買った。

ページは349ページ。

値段は500円そこそこで、子供のおこづかいでも買えた。

読んでみると、感動系のマンガが載っていた。

熱中スタジアムでもでる、
「イヤミはひとり風のなか」
が、載っていた。

この話はいつよんでもいいよなぁ。

かくれたイヤミの優しさが出ている。

ほかには、
「チビ太の金庫やぶり」
も、載っていた。

こんな話、オー・ヘンリーの話にあったぞ。

この話にも、イヤミの優しさがでていた。

イヤミって優しいな。
posted by アカフジ at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。