2011年05月30日

ココロの詩

だれもしらない

ひだまりに

ひそかにさいた

チミの名まえは

しらないが

ほんのりかおる

ふるさとの

母のにおいをおもいだす

ぼくの心の片すみに

いつまでも

さいていて

おくれのココロ・・・

(作・ココロのボス)

こんなんが漫画に載っていました。

僕の好きな

ココロのボス。

うつくしい詩を書いてくれて

ありがとう。

赤塚不二夫大全集第126巻

posted by アカフジ at 19:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。